顔のたるみをキュッと引き締めエステランキング

 

顔のたるみや引き締めにいいエステランキング

エステやマッサージで顔のたるみを解消させることはできない?



マッサージをすることで、マッサージをした箇所の血液の流れが良くなるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?そして、血液の流れが良くなれば、肌を綺麗にすることもできると思っている人も多いと思います。

お風呂から上がって、体が温まっている間に、顎や頬などをマッサージするようにしている人もいるでしょう。ですが、顔をマッサージするということはあまり良くないと言われています。顔は老化をしやすいものですので、少しでも若くいるためにマッサージは毎日欠かさないようにしているという人も多いでしょう。

また、現在進行形で顔のたるみだけではなく、マリオネットラインやほうれい線などといった悩みを抱えてるという人もいると思います。たるみにしても、ほうれい線にしても、老けているように見られやすいですから、どうにか改善したいものですよね。

そんな肌の悩み対策をするためにマッサージをしているというひとが多いと思いますが、マッサージをすると肌に刺激を与えることになります。この刺激によって肌を若返らせることができると思っている人も多いのですが、一概にそうとは言い切れません。

私自身もたるみを解消させるために顔のマッサージをかかさずに行っていました。自分でもマッサージをしていましたし、エステサロンにも通っていたのですが、顔にマッサージをして刺激をするということは、効果を得ることができないのだそうです。

プロのエステティシャンにマッサージをしてもらった場合は、維持的ではありますが効果を得ることも可能になっているそうです。確かにマッサージをしたあとは、肌の状態も良くなっているように見えやすいものなのですが、半永久的に効果が持続されるわけではなく、一時しのぎになっているのだそうです。

顔のマッサージをしても、外部から一時的に効果をもたらしているだけです。しかし、根本的な原因を解消させることができているわけではないですので、短時間でハリも失われ、再び弛みが生じてしまうことになるのです。

ですので、エステティシャンにマッサージをしてもらって、肌のたるみが改善されたと喜んでいても、短時間でまた元の状態に戻ってしまってとてもがっかりしたという人も多いのです。

どうして顔のたるみ エステなどでマッサージをしてもらうことで、一時的にたるみを解消させることができていたのかというと、体の中にある組織がマッサージによって反応をしてむくみの状態になっているため、肌のたるみがなくなりハリが出ているように見えているのだそうです。

しかし、しばらく時間が経つと、再び血圧や体液が元の状態に戻るため、再び顔などがたるんでしまいます。フェイスマッサージというのは、頬などに圧力を与えることによって、土台になっている組織を伸ばしていくのですが、組織が伸びてしまうと、たるみを引き起こしてしまいます。

半日程度はマッサージによって肌の状態が改善されることもあるのですが、マッサージを中断したら、以前よりも顔がたるんでしまう可能性が高くなってしまいます。このように考えると、フェイスマッサージをしないほうが肌のたるみを悪化させないようにすることができるといえます。

力を入れてマッサージをしているという人もいるかもしれませんが、力を入れるほど顔のたるみがひどくなる可能性が高いですので注意してください。

たるみ毛穴の原因と対策法について


毛穴が開いてしまっているというと、皮脂が分泌されることが原因である場合もあるのですが、他の原因によって引き起こされてしまっていることもあります。女性で毛穴の開きが気になっているという人も多いです。人間の体の中でも毛穴というのは顔に集中しており、顔全体で毛穴の数は20万にも及ぶと言われています。

ですので、黒ずみや毛穴の開きも目立ちやすくなっていますし、老け顔のように見えてしまいやすくなってしまうのです。この毛穴の原因というのはいくつか考えることができます。毛穴の開きというのは、皮脂が分泌されすぎてしまっているだけではなく、水分不足や老化、たるみなどが原因になってしまっているということもあるのです。

皮脂が詰まってしまっていることによって毛穴が開いている場合、皮脂や汚れなどが毛穴を開いてしまっています。特に頬や小鼻周りの毛穴が開きやすくなってしまっているというのが原因になっています。

そして、くすみ毛穴と言われるものもあるのですが、これは外部からの刺激や毛穴の中にある皮脂が酸化をしてしまっていることによって、色素沈着を引き起こしてしまい、くすんでしまっているように見えるというものです。

次に黒ずみ毛穴というのは、皮脂によって詰まってしまった毛穴が、活性酸素や紫外線などによって酸化をしてしまい、黒っぽく見えてしまっている状態を指しています。

そして、縦に長く毛穴が開いてしまっている状態になっているものもあるのですが、これは顔がたるんでしまったことによって毛穴が下に引っ張られてしまっているためです。この弛みによる毛穴というのは、他の毛穴の開きの種類とは原因が違っています。

他の毛穴の開きの場合は、菱型医療に分泌されたり参加してしまうことが原因になっているのですが、たるみ毛穴も同じように皮脂対策をしたとしても効果は期待できません。30代になってから、顔がたるんでしまっているように感じるようになってくると、だんだんたるみ毛穴も目立つようになります。

ハンドマッサージをして顔のたるみの対策をしよう


・首にあるリンパをすりおろそう
はじめに上から下に左右10回ずつ首のリンパをすりおろしていきましょう。首のリンパをすりおろすことによって、これまで顔に蓄積されていた老廃物を顔から流していくことができるようになります。リンパをマッサージしている時に痛みを感じるのであれば、それだけ老廃物が蓄積されていたということになります。

・顎にある老廃物も流そう
あとの先端に親指を当てるようにして、顔の輪郭に装用に耳へとスライドさせましょう。このようにすることで、顎に溜まっている老廃物を首のリンパへと流しやすくすることができます。少し痛みを感じる程度で10回前後行うようにしましょう。

・頬周りの老廃物もリンパに流そう
頬の周りや口角の周りも老廃物が溜まってしまいやすいものです。ですから、頬の周りや口角の周りの老廃物は親指のお腹部分を使って耳へと老廃物を流すようにしましょう。

この辺りというのは、皮膚も薄くなってしまっているので、何も塗らずにマッサージをしていると、摩擦で肌を痛めやすくなってしまいます。ですので、しっかりゲルやクリームを塗って、円滑に流すようにしましょう。

・眼の周囲にあるツボを押さえよう
眉の下を親指で、こめかみや目の下を中指のお腹部分で刺激しましょう。なお力を入れ過ぎると、目に負担をかけてしまうこともありますので、あまり力を入れずに刺激を与えるようにしましょう。

・鎖骨とリンパをマッサージしよう
眼の周囲にあるツボも刺激したら、首のリンパをまたマッサージしたり、鎖骨にあるツボを刺激するようにしましょう。これがハンドマッサージで顔のたるみの対策をするための方法になっています。

文章にしてみるとかなり手間がかかってしまいそうに思えてしまうかもしれませんが、実際にしてみるとこの一連の流れを3分程度で完了させることができるようになっています。ですので、仕事などから帰ってきて、化粧を落とすときにそのまま実践をすることができるようになっているので是非試してみてください。

痛くない口内炎って何が原因なの?


口内炎というのは原因は様々ですが、一般的には痛みを伴うものが多いですが、稀に痛みのない口内炎があります。触っても基本的に痛みを感じず、噛んでしまうと多少痛みを感じる程度ですが、原因があるのでしょうか。

これは可能性として考えられるとすれば膿が溜まっている状態かもしれません。どうして痛みを感じないのかというと、表面に傷がついてそこから菌が進入して口内炎が発症したということが考えられますが、表面からということでまだ炎症が神経まで達してないことで痛みを感じにくくなってる可能性が高いです。

もちろん放置をしていれば神経に達したときに痛みを感じるようになります。膿を出すことで改善することもありますが、自分ですると悪化してしまうケースがあるので、医師などに相談することをオススメします。自分ですることも可能ですが、その場合は消毒をしっかりとして膿を出すようにしましょう。

もしかしたら菌が進入した原因が口内の皮膚と密接した虫歯からということも考えられますので、もし間違った処置をすれば悪化して重症化する恐れがありますので、気をつけましょう。

最初から痛みが出る口内炎もあればこういった痛みがない口内炎もあり、もちろんそれぞれで原因がちがいます。それに辺り処置の方もかわってきますし、予防の仕方もかわってきます。また、あまりにも酷いと食事ができなくなったりしますので複数できたり、長引いたりした場合はすぐに医師に相談することをオススメします。

セサミンとは


胡麻に含まれるゴマグリナンという物質の成分がセサミンです。植物には抗酸化作用や女性ホルモンのエストロゲン的作用のリグナンという物質を含んでいます。

その植物性リグナンを豊富にもつのが胡麻。セサミンほかセサモール、セサミノール、セサモリンこれらまとめてゴマリグナンと総称されます。

活性酸素は本来味方物質ですが、増えすぎると細胞を破壊し老化進行に手を貸すようになります。中高年の脅威ともいえる活性酸素に対抗できるのが抗酸化作用。ひいてはセサミンです。

そして抗酸化作用に加えエストロゲン同様に美容効果や更年期障害にもサポートが期待できます。胡麻にはセサミンが含まれているとはいえ、胡麻の実は脂質たんぱく質炭水化物が主成分でセサミンの含有量とは1%未満とごくごく少量。

食事だけでは必要分を摂るのはちょっと一苦労です。なので日々の食事と、サプリなんかでセサミンの補給をするのが上手な手法だといえるでしょう。

トリプトファンやリズム運動でセロトニンを増やす


セロトニンの分泌量を増やす方法というのを知っていますでしょうか。複数ありますのが、これらを試してセロトニンを増やし精神安定の効果を得るといいでしょう。

まずは、太陽の光を浴びるというものです。セロトニンというのは日中に多く分泌されますので朝日を浴びて太陽が出ている間は出来るだけ太陽の刺激で分泌させるようにしましょう。

次にトリプトファンを摂取するということが非常に重要になります。これは必須アミノ酸であり、肉や魚などあらゆる食品に含有されています。サプリメントなどでも販売されており、セロトニンの原料となりますので積極的に摂取してください。リズム運動も重要なポイントになります。歩行や咀嚼、呼吸などにおいてリズムをとる運動になります。

また神経を張り詰めすぎることが継続してしまうと分泌量が減少してしまいます。ですので集中したりする場合は適度に休憩を入れつつ過ごすということが大切です。

さらに家族、恋人など信頼している人とのスキンシップがセロトニンの分泌量を高めるといわれています。人と語り合うということだけでも効果がありますのでそういう時間を作るようにしましょう。最終的にストレスを軽減させるコントロールをするというものです。

ストレスや睡眠に非常に重要なセロトニンやメラトニンの原料となるのがトリプトファンになりますので、きちんと栄養バランスや摂取のタイミングなどを把握して上手く体に取り入れるようにすることが大切です。そして健康維持をするようにしましょう。

更新履歴